CAMARO-17


おはじめインプレッションNo.17

 

 このHPも皆さんに支えられ、初めてのお正月を迎えることができました。応援してくださった皆さんにもよき新年が迎えられますようにカマロともども祈っております。ありがとうございます。

や、やややっとこさカマロのホイールができあがりました!ホイールの好みもそれぞれでしょうが選ぶのは広いようで狭く、狭いようで広い選択肢に悩みました。もちろん価格も(^^);
2nd〜3rdカマロのホイールのイメージが強かった私には妥協の連続と変遷を経て今回はマフラーとともに以前を払拭する選択になりました。ホントはリムをボディと同色、スポークは黒でツートンの予定でしたが塗装強度のこともあって引きうけてもらえず、しかたなくスポークのみボディと合わせることにしました。(中古なら自分で塗るんだけど、ハァ〜)

で、出来あがってみると「あ、下塗りしてないなー!!」てな具合でボディより暗い色合いに出来あがってきたんです。でもちょっと渋めで気に入ったので文句は言わずに付けることにしました。もし実際きちんと同色で上がってたらカマちゃんはもっと軟派な風に仕上がったかもしれません。結果オーライです。(^o^)ゞ

それで勉強になったのは先輩方はご存知でしょうが、カマロのカラーナンバーはどこに表示されてるかということです。ヤナセに問い合わせてもフロントガラス下側のNoコードではわからなかったんです。私はこのNoですべて管理されていると思い込んでおりましたのでアタフタ、アタフタ〜結局、助手席ダッシュボード蓋の裏のシールに「C」で始まる四桁の数字がカラーコードなのでした。他にも数列でその車のデータが載っていました
また、運転席側のドアの幅部分のシールはタイヤなどのデータ。このどちらもちゃんと通しナンバーが入っているので粗悪な中古などはダッシュボード側の通し番号とちがってたりするんじゃないかと・・・思ったりして、結局探しまわったことが自分の勉強になりました。

陸揚げされた“鯖カマ”?

冬の港ってさみしいわ・・・

 

 

 新しいホイールとマフラーがそろって、幾分スポーティに生まれ変わったカマちゃんを駆って港へむかった。扁平があがったのでハンドリングがキビキビする。空気圧も今までと違って高いので硬さも感じる。凸凹にイテテテテ・・・なんて思ってしまう、せいぜい傷をつけないように乗らなければと気を揉む。。私は肩を揉んでほしいぐらいだ(>_<)

 マフラーの音の大きさにも慣れ!?私的に心地よいサウンドはV8ならでは。低音はシートの腰にも響いてくる。軽いマッサージ器内臓〜こんなのがついてるのはトヨタセンチェリーV8ぐらいでは?こないだホテルの駐車場でジャグァーの前を通り掛かると防犯サイレンをけたたましく反応させてしまった(^_^; 触媒はついているので爆音好きの方には物足りないかもしれませんが、そこまでいくなら直管がよろしいかと(笑:サーキットだけにしてネ)

中回転域のトルクがあがったような気がしています、加速時、変速時期が遅くなりそこまでギアにのせていってくれます。いままで踏み足していた分が少なくて追越がかけれるようになっています。個人的追い抜きで吹かすのは好きじゃないので「ドロロロロッ・・」と最小限に済ましてしまうこの排気量の余裕が醍醐味でしょう(嬉)特に2200rpm以上が気持ちいいです。
そして、高回転ではと、さらに踏んでみます、「・・・おととっ!怖い」カマロの力強い加速はすばらしいものであるが、時として止まれないブレーキを思いだし、その恐怖も同時に感じられるのだ!リアへの力強いトラクションを感じ、吹けあがりも綺麗な連続音で「う、うつくしい(^o^)/・・笑」でも
まだまだ高回転域は未知です・・これから機会を見て楽しみます!

 話変わってうちのカマチャンはミッションマウントを交換しました。95年式、走行5万キロを超えてマウントが破断してしまいました。こないだのドラッグ走行前後のことです、高回転でつながるたびミッションから「ドン!」、「ドン!」と怖いくらいの音がでるようになったので気にしていて診てもらったら案の定、でした。
マウントは硬いゴムの8×5センチほどのものでジャッキでMTを持ち上げ、その間に交換するだけのお手軽なもので工賃込み8千円程度でした。あんな単純で重要な消耗品、日本車にはないなあ(^_^; アメ車って日々、おもしろい発見に出くわします。楽しいですよ!決してアメ車はこんなもん・・・と壊れたまま乗っているのは可愛そうです。それでも走るのがアメ車なんですから流石です(^_^)?

今年もたくさんの皆さんと出会い、お互いマイペースにカマロライフを楽しめれば最高ですね!    2003 きんたろ

 

インプレッションNo.16

Next No.18


INDEXへ戻る