CAMARO-25


おはじめインプレッションNo.25

 

 朝夕の寒さが紅葉の訪れを感じさせます。めずらしくカマちゃんには1週間ごぶさたで洗車しようとエンジンキーをひねります。「あらら!」シートベルト警告の音がしょぼくヒュンヒョ〜ン、ヒュンヒョ〜ンと鳴りインジケーションランプ類も電圧不足で点滅状態。ためしにそのままスターターをまわすとコツコツコツコツ・・・とやけに小さな音。ピストンのクランキングサへ出来ない様子。「やれやれ、壊れちまったわい。」Egルームを見るがあからさまぶっ壊れてる様子は無い様だ(とりあえず深呼吸)ディラーへその場で症状を伝えるとバッテリー上がりか接触不良かもとのこと。

バッテリーの点検窓は緑色でOK、とりあえず1100ccのバジェロJrとケーブルをつなぎKEYをひねる。「おほっ!」今度はインジケーションランプが元気に点いている(^_^) スターターを回してみるとカツカツカツ・・・さっきよりましだがクランキングはされない。カマロのでかいEgをこんなところで主張されてしまう。けど修理の見こみはついてひと安心。

30分ほど充電して再度試したが改善の余地無しで変だとは思ったが、とりあえずバッテリーをはずして充電してくるなり購入するなりしようとバッテリーをはずすことにした。
「あれ、こんなとこ濡れてる?」そこにはバッテリー液がいつのまにか滴っていた。プラス電極コードからパワステホースにラジエターホース等につたい濡れている。よくみるとそこには!!!!!!!!!!

ガビーン!!(かなり古い表現だ)それぞれのホースの被覆が溶け落ち、無くなっていたのである。こ、こんなことって・・・いままで液漏れは滲み程度の経験しかなくこれほどになっているのは初めてでした。ともかくホースやほかの部分の性能にかかわる腐食が起こってないか心配です。
ともかくバッテリーをはずそうとプラス電極のボルトをクリッとまわすとモゲリッ!ゲゲー(@0@; 電極土台ごと取れてしまいました。さらに液が滴り落ちてきます。

あわててバッテリーを買いに走り、ショップでそのことを告げると、「カマロのバッテリーはたまにあるんですよね、それは結構大変なんですよ!店まで持ってこれませんか?エンジンもかかるかどうか・・」と深刻に言われ、「しっ、しかし車庫から動かない車を持って来いといわれても・・・汗」とともかく漏れた液をしっかりと洗い流さないといけないとのことであった。メルトダウンするのか!?うちのカマちゃんはエイリアンの血に犯されるがごとく溶けてゆくのだろうか、そう思うと一刻の猶予もならない。

車庫へ帰って下回りをよくよくみると漏れた液がフロント右足回りにつたって白く結晶化している。塗装を傷めるとも聞いたことがあるし、なんたってブッシュ類が気になる。さっそくポット片手に水で洗浄を試みた。ところが水をかけだすと湯気のような煙とすっぱい酸のにおいがボンネット内に立ちこめた。「えらいこっちゃー(大阪弁?)」結晶化していた硫酸が溶け出して化学反応を一時促進させたからだろう、けれど他に方法は思いつかない。


Egルーム内のボディも汚れていたので雑巾で拭くと、ズルリ!!お父さんのカツラをずらすような感覚〜そんな経験はないけど〜塗装が10センチ四方がズルリと拭き取れてしまったのです。(号泣)ウルトラショック!塗装が無くなり下にはピカピカの鉄板が現れました。溶けたホースにしろ、こればっかりは愕然としました。 (T_T)
うちはホースで水をかけれる環境にないのでポットで3杯ほどで仮洗いをすまし(逆効果だったかは不明)
新しいバッテリーをつけた。腐食した車側の配線を加工、磨くのが大変でした(友人にしてもらったのだけど。感謝)

祈りを込めてキーをひねる。「スタタ・・ドドン!!」大きな重々しいクランキングとともにピストンに火が入った!

「よかったーかかった!」と思えばアイドルが変だ。ボボッボボッボボッ、ズドドドドン、ズドドドドン!←読めない(笑)
の繰り返しである。 アイドルが止まりそうになるとコンピューターが自動的に吹かしてるようで不定期でなく回転数が制御され出した。
「ははーん、そういやどっかで読んだような、、」燃焼の学習をコンピューターがしていたのです。バッテリーがしばらくはずされていたので内容がリセットされていたのでしょう、やがてカマロは自らアクセル量などを変化させ回転域を探り、まるで自らが生き物のように吠えていました。それは10分ほどかけてもとのアイドリングにおちついたのでした。

そのあいだマンションの駐車場で爆音!?をぶちまけたカマロの横で私は心臓をカチンコチンにさせていたのは言うまでもありません。夜の10時ごろのできごとでした(反省)

その後日、ショップへ持ちこみたっぷりと水洗いと接点磨きを無料でしていただきました(ありがとうございました♪)これでなんとか「腐食は払拭」なんて今回は駄洒落でしめくくりです。

皆さんもバッテリー、気をつけてください。ターミナルの下側に一重の滴りがあるだけで上からだと気がつきませんでした。バッテリーの比重確認窓は6層に分けられてる1層を見ているだけなので信頼に疑問があるそうですよ。 では


インプレッションNo.24


INDEXへ戻る