CAMARO-47


 

おはじめインプレッションNo.47


これはカマロのウインカーを点滅させるリレーという部品です。
ウインカーの左右点滅と、ハザードのときの点滅には異なるリレーを使っています。場所はちょうどハンドル下側のパネルをはずすと、容易に発見できることと思います。

皆さんのカマロ、ウインカー点滅が国産より速く感じることはありませんか?うちのは心臓の鼓動より少し速いリズムで、しかもちょっと不整脈ぎみに点滅していました。
リズムを聞いてると、いつ止まることやらドキドキしながらも、アメ車ならではを感じていました。これにくらべると国産のリズムはまるで時計のように正確に聞こえたものです。

先日、乗り出したときウインカーの点滅が、いつもよりさらにムラがあることに気づきました。そんなこと忘れて夜に走ってると、ウインカーに伴い、メーターパネル内の矢印が光らないことを発見!
音はカチカチ鳴ってるのに「?」とウインカーランプ自身点いていませんでした。そのうちカチカチ音も鳴らなくなって、完全にウインカーが機能しなくなりました。
道理で周りの車が、飛びのくわけです(^^; じ、自分だったのか・・・(反省)

ハザードは使えることがわかったのでリレーが経年劣化したか?と考えつつショップへカマちゃんを持っていきました。
症状を伝えて、リレーを交換してみることに・・・・治りました!!(^0^)よかった〜
はずしたリレー部品はUSA、WAGMAR製でした。現在の車はすでにICに変わってて使われないらしい。
昭和の部品だといわれました(^_^)>

不整脈なウインカーの中身をのぞいてやろうと、ペンチで剥きあげてみました。
どんな電子部品から音が出ているのか・・・?
外装のアルミケースの中から、カミソリのような板と爪楊枝に線を巻いたコイル、そして上側に電気接点がありました。
とっても物理的な部品です!苦笑。
このカミソリ板が、コイルによって凹凸をくり返し、ペッコン、ポッコンしなるのです。
で、外装のアルミも関わって、カキンカキンとウインカーの音を奏でるわけ(^^)なのだ〜と関心。。

この部品、出来の悪いものもあるそうで性能がまちまちだどか。それでなのが不整脈フラッシャー笑
今回は国産のリレー部品に交換しました。
うちのカマちゃんは今、リズムは国産車とおなじリズムに変わりました。音も以前とは違います。
ひとつアメ車らしさが無くなって寂しい部分もありますが、じきに慣れるでしょう・・・

だから、ウインカーの点滅のムラが気になるオーナーは、リレーが原因なので交換するもよし、心配せず使っとくのもよしってことで。部品は国産のもので千円くらいのものでした。

 


INDEXへ戻る