CAMARO-7


おはじめインプレッションNo.7

 

今春の黄砂にはしてやられましたね、青空駐車の皆様。わたしも毎週砂落しをしておりました。水洗いの後はワックスをかけるのですがカマロって案外スムーズにかけれますよね!面積が広いはずだが滑らかなボディはとても塗りやすいのですよね。フェチなわたしは「うう〜んコイツは女みたいなボディだな」なんてなでてる間にワックスがけができてしまうのです。いかついカマロの顔に目が合うととても女にゃみえないんだけど(馬鹿なこと言ってますわ)

“高い車に見られる”嬉しいけど答えるときに困りませんか?うちのマンションでは1000万円級のうわさがたっているようです(知〜らねえっと:笑)よけいに綺麗にしておいてやらねばと思うんです。でも子供達のボール遊びの跡やひどい奴はフロントに足までかけたり、失敬にもヘッドライトのくぼみを椅子代わりにするガキ!ボ、ボンネットに寝転ぶなあーバカヤロ!!(だんだんKEYに力が入ります)日々ただおいて置くだけで傷がつくのは狭い都会の共存のサガではないでしょうか(T_T)ああ無常・・・

暑い日もあるこの季節、水温が街乗りだと真ん中〜ちょい上あたりで落ち着いてます。EgやATもこのぐらいの温度が丁度なめらかな動きを感じることができます。すいてる道を走るとすぐ水温が下がり真ん中より下の1/4あたりを指します。これは購入前のイメージと違ってよく冷えているのが嬉しいです。ただ冷えすぎるとEgの滑らかさが低下して燃費が落ちるようですね。真夏はどうなるのでしょうか興味津々〜エアコンが飛ぶなんてことはないのかな(笑)今の時期はとてもよくエアコンが効いています。しかしそのマニュアルつまみを動かすたび出る「しゅゅう〜」音はおおげさ?すぎて笑える。いったい何が動いてんでしょね壊れなきゃいいけど。。同乗者にいつも「?」と思わせてしまうへんなつくりだ、こりゃ

これまでにまれに少しガソリン臭いことがあった。常にではないのでキャニスターから逃がしたガスの匂いではないかとのこと。キャニスターってのはタバコのフィルターみたいなものでガソリンタンク内のガス圧を調整してるものらしい。カマロやトランザム、カプリスなどがこの逃がしたガスがエアコンを通過してガソリン臭がすることがあるそうだ。

オイル交換の目安に言われる走行3000kmを越えるとEgオイルもなるほど汚れてきている。国産車にくらべると過酷な状態をオイルがささえているような感じだ。今回は堺市にある販売店BUBUに持ち込んでオイル交換してもらった。エレメントと純正オイル5リッターと工賃で8700円だった。案外お手軽な値段でちょっとホッとしましたけれど今週は飲みに行かず我慢しようっと。。

この日運転中に「ポロリ・・」肩からお腹へ何かが落ちてきた、何っ?あ、こりゃどっかで見たような・・ベルトのガイドだ!シートの肩あたりにベルトが通してある部品が根本から割れてころがったのである。思わず苦笑!経年劣化はこういうとこから起こってくるのだ〜(^^; 助手席側の部品は少しゆるんでて気になっていたのだがそのほうが力を逃がしていたようで傷んでいない。しっかり固定されていた運転席側の部品はひび割れもたくさんで瞬間接着剤とエポキシで固定と成形をすることにした。聞いた話、ダッシュボードのノッチ部分はプラスチックらしく折れるとうっとおしいので開閉は丁寧におこないましょう。

 

インプレッションNo.6
Next No.8

INDEXへ戻る